0201

 

自尊心の高いわりに〇〇ができない、などと簡単に抜かす神聖クズ人間なわけですが、今回はレポートが書けません。

レポートが書けないので、書けない理由をレポートとして提出したいですが、それすらかけません。

別に理由なんて突き止められなくても、症状が改善されれば万々歳です。

ですが、症状が改善されません。

 

レポートが書けない理由として、まず普段の会話から跳躍が大きすぎてそのノリで書くと説明が足りず文字数が余るというものがあります。そして、無駄に本の量を読んできたせいで変な自尊心がありこんな結論では提出できねえという気持ちになります。

 

レポートをきちんと提出できる方から話を聞いてみると、そもそも理解したからにはきちんとそれを文章化すべし、あるいは、先生にはあなたが何を読んで学んだのかがわからないのだから単位をもらうためには文章化すべし、などの意見がありました。

 

おっしゃる通りです、といった感じで、反論のしようがありません。それとともに、「結局書く人が一番偉い」「文章を書いてみるくせをつければどうか」というアドバイスをいただいたので、これをただいま書いているわけです。

 

でもこの話、結論がないので、なんというレポートの足しにもならないと思うんですよね。

 

主人公がプールの水面にぷかぷか浮いたまま終わるわけにはいかない世界です。

区切りなんて明確に持たないくせに、区切りを引きたがる社会は死ね。

なんてちょっとは思ってます。カレンダー全部破った後のギザギザに生まれ変わりたいです。

リアス式海岸に生まれたくはないです。

みなさんも比喩を中心に会話をしましょう。

ウミネコたちが笑っても気にしないでください。

 

 

ゴミ

 

粗大ゴミ

 

おわり