つゆだく百合えっち丼 (2)

入道雲がもくもく空に昇っていく。

ありきたりの夏の風景でも、愛しいと感じさせる、青い空に白い雲。

私は白色が好きだ。それも、夏の雲の色が好きだ。

液晶画面もペンキも漂白剤もなかった頃、それはきっと雲の色だった。背景の色に落ちぶれる前、黄土色と緑と青に囲まれ白はもっと輝いていた。泥で汚れた猿だった大昔、彼女の目に映るその色は、私が知ってるそれよりもはるかに美しかっただろう。

ワンピースを揺らし、ビニール袋を抱きしめて、ゆっくりとしたリズムで坂道を下っていく。水滴で濡れた服の胸が半分透けている。入道雲はもくもく空に昇っていく。

 

 「ただいまー!」「あら、おかえり」

「ジュースちゃんと売ってたよ!」「そんなに飲むとおなか壊すわよー」

「いいの!あとで飲むの、お母さんねえご飯まだなの?」「あと5分くらいね」

「いつも、あと5分なんだから。先にシャワー浴びるね」

廊下を走って風呂場の前で服を脱ぐ。換気扇を消してひんやりとしたタイルを踏む。少し薄暗いこのくらいが安心する。

頭から浴びたほのり冷たいシャワーが少しずつ暖かくなっていく。石鹸でおなかから洗い始める。

私はあの子のことを考える。去年の夏に引っ越してしまった、近所のお姉ちゃんだ。小さい頃は一緒にお店屋さんごっこしたり、木に登ってこっそり遊んだりした。楽しかった。引っ越すときに、また会いに来るからねって言ってくれたけれど一度も会えてないな、ってシャンプーもうしたっけな。

私は蛇口を強にひねって最後にお湯を浴びた後、体を拭いて洗濯機に腰を掛ける。ジュースをゴブリと飲む。

パジャマに着替えているとお母さんが脱衣所の戸をガラガラ開けた。

「あーやっとあがったわね。あんた最近、あんまり白い服着ないわよね。」

「最近っていうか、もう白は似合わないなって思って」

「まあ、そう。ごはんよ、早くね」ガラガラ

私は髪の毛を絞ってリビングに向かう。

席に座ると向かいでお父さんが何故かにこにこ微笑んでいる。手を合わせてご飯を食べる。テレビで見かけるような家族団欒だ。私はひと時の幸せを噛み締める。これは夢だと思う。

ご飯を食べ終わった私は自分の部屋に帰りベッドにもぐりこむ。ゲームをポチポチいじっていると、少しずつ眠たくなって意識が途切れてしまう。

 

起きた時、私は裸だった。いつものことであろうと、こんなことはよくないのだと思った。膝枕をされて、私はお姉ちゃんにのぞき込まれていた。その下には白くてぬくい細長い粒が敷き詰められていた。

「やっと起きたのね」

私は寝返りを打ってお姉ちゃんのおなかに顔をうずめた。

「よしよし。大丈夫よ」

お姉ちゃんはゆっくりと脚を伸ばして私の頭をぎゅっと抱いた。

しばらくの間、彼女に撫でられるがままにされていた。私は縋りつくように彼女の肩を倒しながら、ゆっくりと起き上がり彼女の顔を上から覗き込んだ。

「本当に大丈夫と思うの?」

背中が熱くなってきた。汗がどんどん流れ落ちてくる。我慢できずに彼女を強く抱きしめる。彼女は私を抱きしめ返す。

「あのね...」彼女は囁く「離れないでね。」

私は彼女の首にキスをする。横になって目を閉じる。世界がグラグラ揺れてくる。爽やかな風がどこかから吹いてくる。彼女の手を探って握る。強い風と水滴が吹いてきて私は目をこする。私たちはなされるままにしている。そしてそのまままた浅いねむりに落ちていく。私はきっとどこかにはいくのだろう。

 

目を覚ましたらすでに外は明るく、アブラゼミが大音量で鳴いていた。

濡れている気がして股を擦ると、パジャマと白いシーツに赤い染みが広がっていた。

私は、白色が好きだ。